自我と真我の結合

パルキヴァラもまたシャヴァーサナを深遠な経験として捉えている。

 

「あえて身体をリラックスさせる時間なのです。不快感も痛みも緊張もありません。ここから本当のヨガが始まるのです」

 

本当のヨガとは自我と真我を結合させる行為である、とパルキヴァラは言う。

 

「シャヴァーサナがその結合を助けてくれます。なぜなら私たちはマインドを占める日々の生活での雑音を解放するように促されるからです」

 

もちろん、シャヴァーサナだけで自我と真我を結合させるという単純な話ではない。
だが、できるだけ真摯にじっくりと自分を観察する為に、目的を持って献身的に自分自身の人生を生きるなら、自我と真我の結合は可能になる。
これはヨガがもたらしてくれる恩恵の一つだ。
そしてシャヴァーサナは、静かな内観と結合のためのスペースを与えてくれる。

 

私の自我が真我との結合には程遠いのは良く分かっている。
クラスではエゴ丸出しで、プランクとチャトランガの上達ぶりを見せたくてたまらなくなる。
この2つのポーズだけは、私よりもはるかに柔軟性があって熟練している女性のクラスメイトたちよりもうまくできると思っているからだ。

 

まだまだ完璧には遠く及ばないが、それでもシャヴァーサナでは完璧に心がやすらぐ。
これは誰にでもできることだ。

 

 

生活に生きるヨガ